理念 / 基本方針

基本理念

当法人は、障がい者および障がい者支援団体とともに障がい者、高齢者の自立生活と社会参加活動を支援する事業を行い、一人ひとりが社会から疎外されることなく人間として生きる権利を実現することに寄与します。

基本方針

  1. 個人の基本的人権を尊重します。
  2. 利用者一人ひとりの意向を尊重し、働く意欲や能力に応じた自立生活の支援に努めます。
  3. 職員は、常に学び、専門性を向上させ、安心・安全で質の高いサービスを提供します。
  4. 地域社会との結びつきを大切にし、行政をはじめ教育・保健・医療・福祉等の関連分野との連携を図り、地域に開かれた施設づくりをします。
  5. 職員一同は、愛と感謝の心で、小さなことの積み重ねから一歩一歩前進していきます。

人材育成の基本方針・目標

企業の成長・発展が、個々人の成長につながるよう、職員が各自の役割を理解・認識し、行動規範に忠実に従うと共に積極的に行動できる「自律型人材」の継続的な育成に努める。

人材育成の推進に当たっては、職員の主体的な能力開発への取り組み姿勢があって初めて効果が認められることから、常に処遇・配置との関連性を持たせながら意識付けを継続し、学ぶ集団・自己実現ができる企業としての風土を醸成する。

職業能力開発計画に基づき、社員を対象に教育・訓練及びキャリア形成の機会を与える。

行動規範

  1. 私たちは、利用者の人としての尊厳を大切にし、利用者の人権を擁護するものとしての自覚を持ち、利用者の性別、年齢、能力、障がい程度等あらゆる理由において差別しません。
  2. 私たちは、礼儀正しく友好的に誠実に優しい態度でサービスを提供し、誰の話にも耳を傾け、喜びや感動を共有するとともに、利用者のプライバシーを守ります。
  3. 私たちは、相互に協力して働き、自分がそうしてもらいたいようにサービスを提供し、利用者への虐待等権利侵害は絶対に行いません。
  4. 私たちは、利用者の主体性、個性を尊重し、自己選択や自己決定ができるように支援し、常に、利用者の生活向上を念頭にサービスを提供します。
  5. 私たちは、利用者の社会参加の機会を広げるとともに、地域と連携し、理解と協力が得られるようにつとめます。
  6. 私たちは、利用者への適切なサービスを提供するために、常に専門性の向上と倫理の確立にむけて自己研鑽に励みます。
  7. 私たちは特定非営利活動法人障がい者就労支援の会の一員として、自覚と誇りを持ち、地域福祉の増進に努めます。