すし空海

 2012年初めてのお店紹介は狸小路4丁目と5丁目の間、ちょっと細いビル2階にある『寿司 空海(くうかい)』さんです。お店の由来は北海道弁で、『食べる』事を『くうかい』という事から『空海』になったそうです。
 ネタは大将が朝に市場で自分の目で見て仕入れをしてきて、市場が閉まっているときはお店もお休みだそうです。今の時期、旬の魚は『にしん』だそうです。カウンター席に座るとネタを透明なケースごしに色々選べるので、カウンター席はおススメです。
 今回メニューの中からランチセットの『得得』と夜のセット『楓』を頂きました。夜の『楓』の方は、にぎり10巻にお椀が付いて2,800円ですが、お昼の『得得』はにぎり12巻にお椀さらに茶碗蒸しが付いて1,200円なので本当にお得です。

 お通しのタコはすぐに噛み切れるほどのやわらかさで、タコにつける塩が普通の塩ではなく岩塩だそうで、とても美味しかったです。1番印象に残ったのが夜のセットに出てくるBIG!!なエビで、エビはシッポの中に身が残らずにきれいにとれて、幸せな気分になりました。夜は『刺身盛り合わせ・にぎり』1人5,000円からのコースもあり、『ちらし寿司』もあるそうです。  『空海』さんは予約も可能なお店です、皆さんも行ってみて下さい。







>お店紹介へ >トップ