外を歩くのに、杖が放せない障がい者がいると思いますが、そんな方に杖のオプションが二つほど。 まず一つめ。買い物のとき、レストランで食事をしたとき、どうしても両手が必要なときに、 この「転ばぬ杖」があると便利。テーブル等の高さに合わせるのも片手で簡単です。最近では、 ストラップの付いているのもあるんです。
二つめは、雪道用の杖。従来の杖は、冬になると先端に専用のスパイクをボルトで取り付けるタイプのものしかなく、 雪道を歩く時は、指でツメを立て、建物に入ったときはツメを折りたたんだものしか無かったのですが・・・。 しかし、これはグリップの所にレバーが付いていて、ワンタッチで杖の底から滑り止めのツメが飛び出します。 これで手を汚すこともなく、力もいらない。寒冷地用杖としてお勧めです。


>あかり家通信へ >トップ